早朝勉強会

「拡大する中古住宅市場の未来」 〜中古住宅市場の今後を予測し、新たなビジネスチャンスにつながるヒントをお伝えします〜

第253回【2019/7/17(水)AM8:20〜9:30】


「インスペクション」「改正宅建業法」「安心R住宅」に代表される、不動産業界が変わりつつある昨今。
不動産テック時代の到来により、果たして不動産業界はどう変わり、誰が勝ち残るのか?
そして、他業種との連携は本当に進むのか?単なる「ブーム」とこれからの「スタンダード」の分かれ目など、今後の中古住宅市場の今後を予測し、新たなビジネスチャンスにつながる有益なヒントを当日お伝えします。

■講義内容
1. これから増大するビジネスターゲットについて

2. 中古住宅にまつわる消費者の意識について

3. 先行する米国市場と日本市場の違いについて

4.「情報」ビジネスの終焉について

5.「リノベーション」市場と「不動産業界」の関係について

6. 180度変わる「不動産業」のカタチについて

7. 質疑応答

【講師】
価値住宅株式会社
代表取締役 高橋 正典氏

不動産コンサルタント、一般社団法人 住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会 理事 一般社団法人 安心ストック住宅推進協会 代表理事 他

デベロッパー及び住宅販売会社の役員を経て、2008年消費者と業者の間における情報格差を埋め、売りっ放しの単なる「物件紹介ビジネス」から「エージェント(代理人)ビジネス」の確立を目指し、日本版バイヤーズ(購入者)エージェントとなるバイヤーズスタイルを設立。
業界初となる全取扱い物件に「住宅履歴書」を導入、顧客の物件の資産価値維持・向上に取り組む。また、一つひとつの中古住宅(建物)を正しく評価すべく、検査(インスペクション)を行い、保証を付けて流通させる不動産会社のVC「売却の窓口(R)」を運営し、その加盟店は全国に広がっている。
これらを通じ「住宅価値創造企業」へ向け「住宅管理事業」を開始、2016年10月社名を「価値住宅株式会社」に変更。
不動産流通の現場を最も知る不動産コンサルタントとして、各種メディア・媒体等においての寄稿やコラム等多数。

【資格】
宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、公認不動産コンサルティングマスター。

【著書】
『プロだけが知っている!中古住宅の選び方・買い方』(朝日新聞出版)

『実家の処分で困らないために今すぐ知っておきたいこと』(かんき出版)

『マイホームは中古の戸建てを買いなさい!』(ダイヤモンド社) 他多数執筆

*録画・録音・写真撮影、配布物を承諾無しで掲載・配布・コピー等の流用は禁止しております。
*本勉強会終了後には講師の方との名刺交換も可能です。
*当日、受付にて出欠を取らせて頂きますので、恐れ入りますが、お名刺をお持ち下さい。

■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室セミナールーム4

 

Copyright c 2019 早朝勉強会 All Rights Reserved.