早朝勉強会

『新冷戦時代の始まりとポストグローバリズム』

第220回【2017/11/15(水)AM8:20〜9:30】


英国ブレグジットから始まった世界的なポストグローバリズムの動き、トランプ大統領誕生から、カタルーニャ独立運動まで、世界は冷戦時代に再突入しようとしている。そして、日本もその影響を強く受け始めている。

なぜ、いまこのような動きが起きているのか、そして、それはどこに向かうのか、歴史的視点と地政学的に読み解き、俯瞰した視点から、これからの投資と新たなビジネスモデルのヒントについて考える。

■講師
経済評論家 渡邉哲也氏
日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。パナマ文書を最も早く解説した『パナマ文書』(徳間書店)は大ベストセラーになった。また、米国でのトランプ大統領の誕生を的中させた実績を持つ内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。

渡邉哲也公式HP

【お金とは何か?5年後に地方銀行は半分以下に?】
渡邉哲也氏に教わる 第1回

■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2017 早朝勉強会 All Rights Reserved.