早朝勉強会

『不動産テック最前線!AI×ビックデータ×不動産専門知識が生み出すサービスとは』

第218回【2017/10/11(水)AM8:20〜9:30】


新築マンションの値上がりを背景に、拡大を続ける中古マンション市場。一方、消費者にとって適正金額の分かりにくさや、不動産会社にとって仲介業務の負担増などが問題になっています。
そこで注目されているのがAIや機械学習などの最新テクノロジーを活用した「不動産テック」企業。元来、テクノロジー化が進みづらいと言われていた不動産業界において、これらの企業はどのようにサービスを変革しているのでしょうか?
今回はAIを使った中古マンション売買サービス「カウル」を手がけ、急成長中の不動産テック企業Housmartが、不動産テックが生まれてきた背景、サービス開発の裏側、サービスの詳細、今後の戦略についてお話しします。

【プレゼンテーマ】
‐激変する不動産取引の市場環境
‐不動産テックの現状
‐AIを使った中古マンション売買サービス「カウル」
‐サービス開発の現場と課題点
‐不動産テックのこれから

■講師
株式会社Housmart
針山昌幸氏

一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2017 早朝勉強会 All Rights Reserved.