早朝勉強会

『全く新しい資金調達&投資手段!株式投資型クラウドファンディングとは!?』〜中小ベンチャー企業の成長がこれからの日本を変える〜

第209回【2017/5/10(水)AM8:20〜9:30】


2015年5月29日付で施行された改正金融商品取引法。今回新たに規定された電子募集取扱業(第一種少額電子募集取扱業者)により、今まで証券会社が基本的には取り扱い出来なかった未上場株式の募集に投資家を参加させる事が可能となり、従来の資金調達の常識が一気に覆る時代を迎えました。

当社はその国内第1号の業取得を実現し、日本で初めての株式投資型クラウドファンディングを運営する企業です。海外では既に株式投資型クラウドファンディングは非常に盛んで、VCの市場に届く勢いをみせています。日本ではあまり馴染みがないですが、ベンチャー企業を育てるエンジェル投資家による投資が海外では盛んであり、GoogleやFacebook等の有名企業も、有名なエンジェル投資家に応援してもらっていた逸話は有名です。

残念ながら投資家人口が少ない日本では、起業家と投資家の出会いも少ないのが現状です。日本からもGoogleやFacebookのような画期的かつ国際的企業を輩出していけたら、ビジネスのさらなる発展、ひいてはこの日本を元気にできるのではないか。我々はそんな未来ある中小ベンチャー企業が躍進できる環境の提供を使命として活動しています。

■講師
株式会社日本クラウドキャピタル
代表取締役COO大浦 学氏

明治大学大学院グローバルビジネス研究科でマーケティングを研究し、同研究科で代表取締役CEO柴原と出会い、ベンチャー企業の育成に貢献する互いの理念が一致して2012年5月にデジタルコンテンツの企画、立案、製作、開発を行うEDENZFEEL株式会社を創業し、2年目には黒字化を達成。

地域活性化アプリの開発から自治体との関係性が深まり、箱根町の支援を受け2014年1月に一般社団法人はこねのもりコンソーシアムジャパンの理事として創業し、同法人の会員管理システム及び、UI/UXの設計を含めての包括的なWEBシステムの開発を行う。イベントの集客からWEBマーケティング、SNSマーケティング、CRM(顧客関係管理)などユーザーの満足度、ロイヤリティを高める実践マーケティングに従事。現在は、若干20代にして日本で初めての第一種少額電子募集取扱業を営む株式会社日本クラウドキャピタルの代表取締役COOを務め、金融とITのハイブリッドなビジネス環境を目指しています。

■◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2017 早朝勉強会 All Rights Reserved.