早朝勉強会

「ビッグテータと人工知能による新時代の不動産取引〜不動産テックの最新動向と可能性〜」

第205回【2017/3/8(水)AM8:20〜9:30】


「フィンテック」に続き注目を集める「不動産テック」。不動産業界は典型的な情報格差があるレモン市場です。同じくレモン市場であった中古車業界や証券業界がテクノロジーによって改変されたように、不動産業界も「不動産テック」による変革のタイミングに来ています。不動産業界はテクノロジーによってどのような変革を遂げるのか、「不動産テック」先行市場のアメリカの事例や日本での最新動向をもとに、「不動産テック」の可能性を解説します。

■講師
リーウェイズ株式会社
代表取締役CEO 巻口成憲氏

1971年新潟県生まれ
新潟県立新潟高等学校卒業立教大学大学院修士課程修了(MBA)
早稲田大学大学院修士課程修了(金融工学)
宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター、CCIM(米国認定商業不動産投資顧問)、FP技能士2級・AFP
不動産金融学会会員、JARECO会員
システム:VB、Delphi、Oracle、HTML、CSS、PHP、Photoshop、Illustrator、AfterEffects、Premiere

国内投資不動産デベロッパーに入社。財務経理全般の業務責任者を担当しつつ、自社基幹システムを構築(VB+Oracleでのスクラッチ開発、社内ネットワーク整備、自社HP作成運営)し、システム責任者を兼任。
世界4大会計事務所系KPMGコンサルティング(現プライスウォーターハウスクーパース)に転職し、経営コンサルタントとして、多業種のシステム導入プロジェクトをはじめ、事業戦略策定や人事制度設計、経営管理に関する幅広いプロジェクトに参画。
MBA取得後、国内監査法人系トーマツコンサルティング(現デロイトトーマツコンサルティング)に転職。上場のための経営計画策定やBSC導入等の経営管理に関する各種プロジェクトに参画。
2005年中古不動産事業を手がけるREISM株式会社設立に取締役CFOとして参画。2014年さらなる業界改革を目指し、不動産情報化事業を手掛けるリーウェイズ株式会社を設立し、代表取締役CEOに就任。

【講演履歴】(2016年、2017年)
住宅新報社、不動産経済研究所、日米不動産協力機構(JARECO)、不動産金融工学会、Global Real Estate Forum他

【執筆履歴】
2009年「30歳から考えるマンションオーナーのセオリー」かんき出版
2011年「入居者20人待ちのワンルーム経営」かんき出版
2014年「リノベーション式不動産投資の超バイブル」プレジデント
2014年「なぜ成功者は不動産を買うのか」かんき出版
2015年「なぜ決断力のある人ほど不動産投資に失敗するのか」日経BP

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2017 早朝勉強会 All Rights Reserved.