早朝勉強会

『ドローン・ビジネスは儲かるビジネスなのか?』

第199回【2016/11/16(水)AM8:20〜9:30】


2015年4月に総理大臣官邸屋上にドローンが落下。同年5月に長野市善光寺境内にドローンが落下。さらにその後もドローンの墜落が相次いだことから、ドローンに対する法整備が急速に進められ、2015年12月10日より改正航空法が施行された。今まで曖昧だったドローン(無人航空機)に関する条文が追加され、より具体的な規制が行われることとなった。航空法の第九章には無人航空機という項目が追加され、省令である航空法施行規則もそれに合わせて改正され、ドローンが法的にその存在を認知された。これにより、TV/CM・PV撮影・映画撮影・観光PR・企業PR・不動産PR・不動産内覧映像・結婚式撮影・集合写真・広告掲載・災害観測・測量・農薬散布・商品輸送・スポーツのデータ測定・太陽光発電機点検など、飛躍的にそのビジネス利用が拡大している。しかし、それらドローン・ビジネスの規模がどのくらいで、その将来性はどうか?事業参入をするべきなのか?今回の講義では経営者の立場から"ドローン・ビジネス"の将来性を名倉取締役にご解説いただきます。

■講師
一般社団法人ドローン大学校理事長
名倉 真悟氏

1962年大阪府生まれ。立教大学大学院卒。現 慶應義塾大学 医学部 精神神経科学教室 研究員。大学にてマーケティングを中心に学び、卒業後アパレルメーカーにて新規ブランディングの立ち上げを経験し、その経験を生かし1997年に独立(現 株式会社東京デザインルーム)。アパレルメーカーをクライアントとして、新規ブランドの導入・商品企画・店舗開発支援を行ってきた。
2011年、ヴィヴィアン・ウエストウッド、フォーエバー21、アメリカンイーグル、テッドベイカーなどのPRを担当する伊藤美恵女史が学長を勤めるフランスのアタッシェ・ドゥ・プレス養成学校=エファップ日本校にて、広報・PRを学び、2013年に立教大学大学院 博士課程(前期)に入学。マーケティングを中心に経営管理学修士(MBA)を学び、同博士課程(前期)を歴代総代の成績で修了。
修了研究は”ニューロ・エコノミクス(神経経済学)”をテーマに、消費者の精神・神経科学を研究した。以降、先端技術に興味を持ちドローン・ビジネスを研究し2016年9月一般社団法人ドローン大学校、一般社団法人マイクロドローンレース協会、一般社団法人ドローンダンス協会を設立し理事長に就任。同時に株式会社ドローンラボの取締役にも就任。研究分野の活動として、慶應義塾大学 医学部 精神神経科学教室 研究員として無意識領域における意思決定プロセスを研究中である。所属学会は、慶應医学会・日本商業学会・日本広報学会・日本マーケティング学会・日本経営会計学会など。

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

株式上場は本当に得か?60分でわかる株式上場の真実

第198回【2016/10/26(水)AM8:20〜9:30】


2009年の年間10社上場から昨年は92社と(今年は70社程度と久しぶりに減少予定)正常に戻った株式上場。株式上場は難しい?本当はやさしい?株式上場は得?本当は損?30年にわたって株式上場を指導し、グループ会社に上場企業をもつ公認会計士が今始めて「株式上場の真実」について語ります。
1.株式上場とはそもそもどんなことか?
2.株式上場は本当に得なのか?
3.どんな基準をクリアすれば上場できる?
4.良い資本政策とは?
5.上場後の戦略とは?
6.弊社グループの紹介

■講師
Y&Pコンサルティング株式会社
代表取締役 大山 文夫氏

昭和57年 プライスウォーターハウス事務所
     (現あらた監査法人)入所
平成元年 山田&パートナーズ会計事務所入所
平成4年  三優監査法人 社員就任
平成11年 優成監査法人 代表社員に就任
平成15年 優成コンサルティング株式会社 代表取締役に就任
平成28年 4月1日より「Y&Pコンサルティング株式会社」
     に社名変更

(現在までの主な職務内容・得意分野)
・株式上場コンサルティング〜150社程度
 (中古車買取業、宝石卸売業等)
・財務デューデリジェンス〜50社程度
 (菓子製造業、上場会社の持ち株会社等)
・M&Aのファイナンシャルアドバイザー業務〜20件程度
 (住宅FC、食品製造業等)
・組織再編コンサルティング株価算定〜100件程度
 (電気製造業、建設機械製造業等)
・企業再生案件調査・コンサルティング
 ワンルーム販売業(東京)〜破産対応資料作成・調査
 住宅建材業(静岡)〜再生協議会と連携して対応
 資源リサイクル業(千葉)〜親会社は民事再生、子会社は
 破産対応
 建設業(北陸)〜再生協議会と連携して対応
・税務訴訟対応コンサルティング
 自動車部品業(広島)

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

「個人が参加できるクリーンエネルギー市場の可能性と創造」

第197回【2016/10/12(水)AM8:20〜9:30】


世界のシフトチェンジが行われている今、重要なワードとなってくるのが『クリーンエネルギー』です。あのイーロン・マスク氏も、人類の進歩に貢献する分野は「インターネット」「クリーン・エネルギー」「宇宙」だと考えていたことにもあるように、クリーンエネルギーはこれからなくてはならないものになります。ただ、大企業がそれを行うのではなく、国民一人ひとりが参加できる、そして投資にチャレンジできる世界を作っていかなければなりません。コンパクトソーラー発電所(太陽光)、コンパクトウィンドー発電所(風力)など、投資市場の創造にチャレンジし続け、商品を展開している株式会社フィットが再生エネルギー市場の現状と今後の戦略についてお話しします。また、なぜ上場に至ったのか、上場までの取り組みや商品開発の苦労そして今後、目指すべきものなど、わかりやすくお伝えします。


■講師
株式会社フィット
代表取締役 鈴江 崇文氏

1973年 徳島県徳島市生まれ。大学卒業後は大手住宅メーカーの関東支店で営業職を経験。その後1年間世界12カ国を旅し各国の文化や住居に触れる。日本の住宅コストの高さや住文化の違いを知る。帰国後、大手住宅フランチャイズ本部で加盟店支援業務を担う。その後、父が経営する会社の事業改革に呼び戻され、2003年に徳島に戻る。業界不況の中で大改革を断行。新しい不動産賃貸事業として戸建賃貸事業を創造。四国だけでなく、全国60社以上のネットワークを構築。2009年に「第2の住宅産業を創る」というコンセプトで、株式会社フィットを設立。
「クリーンエネルギーとリアルエステート(住宅・不動産)テック」を核として、新しいクリーンエネルギー・住宅不動産事業を創造。創業7年目、2016年3月11日東京証券取引所マザーズ市場に上場(1436)。既存のクリーンエネルギー・住宅不動産産業を一新するために、全国の志を同じくする仲間と、全国フランチャイズ展開を進めている。

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2016 早朝勉強会 All Rights Reserved.