早朝勉強会

『FX業界の裏事情とサクソバンク・グループの市場戦略』

第192回【2016/7/13(水)AM8:20〜9:30】


1998年の外国為替管理法改正による外国為替取引の自由化から20年弱。日本のFX市場は、数多くの法令等による規制強化が実施され、取引高ベースで世界最大の市場にまで成長しました。 投資家の立場からは見えにくい業界の現状と最新の動向について、デンマークに本拠を置き、世界23か国でビジネスを展開しているサクソバンク・グループの日本法人社長がお話しいたします。
・規制はさらに厳しくなるのか?
・淘汰が進む業者の収益構造は?
・投資家と業者の共存は可能なのか?
・グローバルにオフィスを構えるサクソバンク・グループの市場
 戦略は?

■講師
サクソバンク証券株式会社
代表取締役社長 小島和氏

ロンドン大学UCL校電気電子工学部卒。イギリスで日系金融機関のシステム開発およびサポートに携わった後、2003年に帰国。英系デリバティブ取引システム会社の取締役に就任。
2007年、サクソバンク・グループの日本拠点設立のため日本における代表に就任。その後、M&Aを経て2009年より現職。

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

『これからどうなる?ブームを超え新局面を迎えるシェアハウス市場の“現在”』

第191回【2016/6/22(水)AM8:20〜9:30】


供給過剰に陥った住宅市場のなかで、過去数年に渡って大きな注目を集めたシェアハウス。民泊という新たなソリューションの出現を横目に不動産運用としてのシェアハウス事業の特性を整理し、改めてその位置づけと向き合い方を問いなおす必要性が生じています。そもそもシェアハウスとは何か?需給拡大を支えるマクロ・ミクロ的要因は?一過性のブームか、持続可能な市場の萌芽か?今後伸びるのはどのような物件か?市場の変遷を黎明期から知る専門プラットフォームの立場から、需給の動向、現在地点、法整備の状況や今後予想されるトレンド、中長期的な市場動向に対する予想も合わせて取り扱います。

■講師
株式会社ひつじインキュベーション・スクエア
代表 北川大祐

国内最大のシェアハウス専門メディア「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」を運営する株式会社ひつじインキュベーション・スクエア代表。現在までにのべ約840社の運営する約2,200物件(30,000室)、16 万点超の物件画像を掲載し、19万件を超える入居問合せを生んでいる。数多くのシェアハウスのなかから、利用者はデザインや特徴などから好みの住まいを効率よく探す事ができる。2008年に統計資料「シェア住居白書2008」公開。2010年に全面監修の書籍「東京シェア生活」出版、管理者育成のための「シェア住宅管理 士講座」開始。2011年に全国でサービス提供を開始。2012年に自社を開放した実験的オープン・オフィス「PoRTAL」を渋谷に開設。2014年に「ひつじ不動産 for Family」ローンチ。

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2016 早朝勉強会 All Rights Reserved.