早朝勉強会

『オンライン英会話NO1、東証マザーズ上場レアジョブ中村社長が語るITを活用したクロスボーダービジネス〜日本人1,000万人を英語が話せるようにするために』

第190回【2016/6/8(水)AM8:20〜9:30】


日本人は英語を中学・高校・大学で何年間も勉強し、文法などの基礎力は身につけています。しかし「英語を話せる」という人はあまりいません。これは、英語の基礎力を活かす機会、「たくさん話す・聞く機会」がなかったためです。では、それを実現し、かつ、誰でも払える価格で提供するにはどうすれば良いか。その解はSkypeとフィリピンにありました。2007年、月額5,000円で毎日25分外国人と英会話できるサービスをスタート。レアジョブ立ち上げからこれまでの歩み、今後の戦略についてお話しします。

■講師
株式会社レアジョブ
代表取締役社長 中村 岳氏

2005年東京大学大学院情報理工学系研究科修了。NTTドコモ研究所を経て、2007年中学高校の同級生とともに株式会社レアジョブを設立し、 代表取締役最高技術責任者に就任。 「日本人1,000万人を英語が話せるようにする」をミッションに、Skypeを利用したオンライン英会話事業を行う。講師はフィリピン人で約4,000人が在籍。 毎日13,000レッスン以上を提供し、累積会員数は40万人以上で業界最大。2014年6月東証マザーズ上場。2015年6月代表取締役社長に就任。

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

『今話題の民泊!?今後の見通し〜詳細なデータ分析に基づく民泊市場の現状とは』

第189回【2016/5/25(水)AM8:20〜9:30】


ニュースや雑誌などで何かと目にする機会が増え続けている「民泊(ミンパク)」スマートロックや民泊用の業務管理ツールなどに事業機会を見出すIT業界、民泊リノベーションを仕掛ける建築・リフォーム業界、民泊に付随して出てくるスタッフィングニーズを模索する人材業界など、大手からスタートアップまで幅広い業界の企業が「民泊」を新たな『事業機会』と捉え、動き出しています。今回、Airbnb・民泊運用データ分析・提供サービス「BnB Insight」の「民泊」運用されている国内34,000件の詳細な掲載件数や売上などの分析結果を交えながら、最新の「民泊市場」の現状をお話いたします。

1.民泊とは?民泊ビジネスの基礎知識
2.インバウンド市場規模と今後の展望
3.Airbnb国内全件データ分析から日本の民泊市場を完全把握
4.民泊の法的リスクと今後の規制緩和の方向性

■講師
株式会社オックスコンサルティング
代表取締役 原 康雄氏

京都府出身。同志社大学 工学部卒業。2005年、リクルートキャリアに入社。主に人事制度設計・新卒採用、事業企画に従事。2015年より、株式会社オックスコンサルティングを設立、代表取締役に就任。民泊事業を軸として幅広いインバウンドビジネス支援を展開。

・日本最大級の民泊情報ポータルサイト「MINPAKU.Biz」
・民泊・ホテルの集客支援サービス「HOST LINK」
・民泊専門・清掃代行サービス「My Cleaners」
・Airbnb分析データ提供サービス「BnB Insight」

「民泊の法的リスク」と「具体的なリスクへの対応策」や「マンションの新たな収益化モデル」など、 主に不動産関連の法人様向けに講演・セミナー実績多数。

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2016 早朝勉強会 All Rights Reserved.