早朝勉強会

『不動産事業者が見向きもしない瑕疵物件の再生コンサル』

第162回【2015/2/4(水)AM8:20〜9:30】

「不動産事業者が見向きもしない瑕疵物件の再生コンサル」

不動産事業者が見向きもしない借地・底地、無道路地及び建築不可物件(接道義務違反)などの瑕疵物件をいかに再生させる(建物が建つ土地にする)かが不動産コンサルタントには求められますし、そのような土地に限って、財産評価が高いため、早急に相続対策をする必要があります。
今回は、借地権・底地と限定価格を理解したコンサルティングを想定し、どのような手順で進めるかを解説しつつ、財産評価と時価の概念についても言及いたします。

<限定価格の基礎>
1.限定価格とは
2.限定価格を求める場合の例示
3.限定価格の手順

<限定価格を理解した不動産コンサルティング>
1.借地権と底地の併合
2.隣接不動産の併合(無道路地ほか)
3.土地の分割
4.借家権者が貸家及びその敷地を購入


■講師
株式会社ファルベ 代表取締役 石川 真樹氏

早稲田大学社会学部、東京理科大学第二工学部建築学科卒業
1997年(株)東京アプレイザル入社。2003年同社においてセミナー事業部を立ち上げ、11年にわたり事業部最高責任者として勤務、自らもセミナー講師としても登壇する一方、相続・不動産ビジネスの新たなマーケットを開拓し、同社の業績の飛躍的な伸展に大きく貢献した。
2014年独立し(株)ファルベを設立。これまでに培ってきた幅広いネットワークを活かし、人と人との「つながり」に重点を置いた事業展開を目指す。さらに充実したセミナーの企画・運営に加え、「相続ビジネス」における新しいソリューションシステムの構築に向けて邁進中。

◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。



 

Copyright c 2016 早朝勉強会 All Rights Reserved.