早朝勉強会

『生前贈与と賃貸不動産を活用した相続対策及びリスク対策』

第133回【2013/9/4(水)AM8:20〜9:30】

生前贈与と賃貸不動産を活用した相続対策及びリスク対策」

相続税法が改正されたことにより、富裕層にとってはこれまで以上に相続税対策が重要になってきました。
従前から生前贈与による次世代への資産移転や、賃貸不動産を活用した相続税評価額の減少といった対策がなされてきましたが、これらの対策は瞬間的には非常に有効となるものの、長期的な視点でみると大きなリスクを内在しています。
そこで、今回はこれらの対策とリスクを改めて確認するとともに、具体的なリスク対策手法をご紹介いたします。


◆講師:
栗田倫也税理士事務所 所長税理士 栗田倫也氏

平成7年株式会社大塚商会入社。営業部配属の後、ERPやWebシステム等のマーケティングスタッフとして顧客の業務分析やセミナー講師などの活動に従事する。
平成18年(34歳)から税理士試験へ挑戦開始、平成20年(36歳)に業界未経験ながら税理士法人UAPへ転職。匿名組合を活用した不動産流動化案件などを担当し、不動産取引について実務を通して深く学ぶ。平成22年(38歳)に税理士試験合格。
平成24年(40歳)に独立開業し現在に至る。
<保有資格>
税理士
ファイナンシャルプランナー2級
システム監査技術者
システムアナリスト

◆講師:
プルデンシャル生命保険株式会社
首都圏第五支社 副部長 木場正樹氏

平成7年大手住宅メーカーに入社。戸建て及び集合住宅の営業として第一線でお客様と関わる。高額商品ならではの顧客心理等を実務を通して共有体験する。
平成13年プルデンシャル生命保険にスカウト入社。現在、前職の経験を踏まえ相続、事業承継に特化する。
各分野の専門家(特に不動産関係者及び士業)と協業しながら、生命保険での解決提案を行う。


◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。



 

Copyright c 2016 早朝勉強会 All Rights Reserved.