早朝勉強会


参加は無料、出席は自由です。
参加ご希望の回に、こちらのフォームからお申込み下さい。

また、各回の詳細については、メンバーの皆様にメール配信していますので、配信をご希望の方は、 こちらからメンバー登録をどうぞ。


日時:隔週水曜日、AM8:20〜9:30

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

8:00-8:20 参加者同士の名刺交換
8:20-8:30 参加者の1分間自己PR(希望者)
8:30-9:30 講義
9:30-9:55 講師との名刺交換



2016年度テーマ一覧はこちらです。

2015年度テーマ一覧はこちらです。

2014年度テーマ一覧はこちらです。

2013年度テーマ一覧はこちらです。

2012年度テーマ一覧はこちらです。

2011年度テーマ一覧はこちらです。

2010年度テーマ一覧はこちらです。

2009年度テーマ一覧はこちらです。

2008年度テーマ一覧はこちらです。





『FinTechの最新動向と今後の方向性』〜行政や法改正の動きを踏まえた日本のFinTechの方向性とは〜

第210回【2017/5/24(水)AM8:20〜9:30】


注目を集めているFinTech。
これは一過性のバズワードなのか、不可逆のムーブメントなのか。
スタートアップだけでなく銀行業界を含めた最新動向を抑えつつ行政や法改正の動きなど、日本の戦略としてFinTechはどう進むのかをFinTech協会代表であり自らもFinTech企業を経営する丸山氏が解説します。

■講師
株式会社インフキュリオン・グループ
代表取締役 丸山弘毅氏
一般社団法人FinTech協会 代表理事

・1999年慶應義塾大学商学部卒業
・株式会社ジェーシービーにて、AI等を用いた信用リスク分析・不正検知モデル構築に従事した後、マーケティング部門にてCRMを担当。業界初となるOne to Oneマーケティングを実現。その後、新規事業開発・M&A部門の設立メンバーとして参画し、会社最大のM&Aを実行。
・2006年インフキュリオン(現インフキュリオン・グループ)を創業。新規事業立ち上げ、事業戦略立案、ビッグデータ活用に関するコンサルティングで多くの実績を挙げる。
・また、スマートフォン・タブレットを用いた決済センター事業、日本初の銀行更新系APIを活用した自動貯金アプリ「finbee」、CardWave出版事業など、様々な事業を展開。
・2015年一般社団法人FinTech協会を設立、代表理事に就任し、業界発展に向けた活動も開始。

■◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

『全く新しい資金調達&投資手段!株式投資型クラウドファンディングとは!?』〜中小ベンチャー企業の成長がこれからの日本を変える〜

第209回【2017/5/10(水)AM8:20〜9:30】


2015年5月29日付で施行された改正金融商品取引法。今回新たに規定された電子募集取扱業(第一種少額電子募集取扱業者)により、今まで証券会社が基本的には取り扱い出来なかった未上場株式の募集に投資家を参加させる事が可能となり、従来の資金調達の常識が一気に覆る時代を迎えました。

当社はその国内第1号の業取得を実現し、日本で初めての株式投資型クラウドファンディングを運営する企業です。海外では既に株式投資型クラウドファンディングは非常に盛んで、VCの市場に届く勢いをみせています。日本ではあまり馴染みがないですが、ベンチャー企業を育てるエンジェル投資家による投資が海外では盛んであり、GoogleやFacebook等の有名企業も、有名なエンジェル投資家に応援してもらっていた逸話は有名です。

残念ながら投資家人口が少ない日本では、起業家と投資家の出会いも少ないのが現状です。日本からもGoogleやFacebookのような画期的かつ国際的企業を輩出していけたら、ビジネスのさらなる発展、ひいてはこの日本を元気にできるのではないか。我々はそんな未来ある中小ベンチャー企業が躍進できる環境の提供を使命として活動しています。

■講師
株式会社日本クラウドキャピタル
代表取締役COO大浦 学氏

明治大学大学院グローバルビジネス研究科でマーケティングを研究し、同研究科で代表取締役CEO柴原と出会い、ベンチャー企業の育成に貢献する互いの理念が一致して2012年5月にデジタルコンテンツの企画、立案、製作、開発を行うEDENZFEEL株式会社を創業し、2年目には黒字化を達成。

地域活性化アプリの開発から自治体との関係性が深まり、箱根町の支援を受け2014年1月に一般社団法人はこねのもりコンソーシアムジャパンの理事として創業し、同法人の会員管理システム及び、UI/UXの設計を含めての包括的なWEBシステムの開発を行う。イベントの集客からWEBマーケティング、SNSマーケティング、CRM(顧客関係管理)などユーザーの満足度、ロイヤリティを高める実践マーケティングに従事。現在は、若干20代にして日本で初めての第一種少額電子募集取扱業を営む株式会社日本クラウドキャピタルの代表取締役COOを務め、金融とITのハイブリッドなビジネス環境を目指しています。

■◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

『プロとして知っておきたい定期借家契約の基礎と使い方』〜アパート・空き家・DIY賃貸・建替え・外国人入居への活用法〜

第208回【2017/4/19(水)AM8:20〜9:30】


定期借家制度が始まって17年になりますが、首都圏の成約数に占める定期借家契約の 割合はわずか2.7%(アットホーム調べ)となっています。
しかし、定期借家契約を使える不動産業者は、これからの時代に求められています。なぜなら定期借家契約が使える分野は通常のアパート・マンションの契約だけでなく、空き家活用、建替え予定の物件、DIY賃貸、外国人入居、シェアハウス、転勤留守宅など、多数あるからです。逆に定期借家契約をよく知らない、使ったことがない不動産業者はプロとは言えないのではないか、と思います。
今回の講演では、不動産業者として日本で初めて定期借家契約について平易な言葉で書いた「賃貸の新しい夜明け」(週刊住宅新聞社、2015年)の著者であり、不動産業者として管理物件で定期借家契約を多数実践してきた沖野元氏が、不動産業者のための定期借家契約の基礎から使い方までをわかりやすくお伝えしていきます。

・今後増加する外国人入居、空き家、築古物件で活用できる「定期借家契約」とは
*定期借家契約とは − 普通借家契約との比較
*そのメリットとデメリット
*何が普及を阻んでいるのか
*空き家、築古物件への活用方法
*外国人入居、DIY賃貸、シェアハウスへの活用方法
*定期借家契約の本質とは

不動産ビジネスに携わる者として、定期借家契約を使えることによるお客様への提案の幅は間違いなく広がっていくことでしょう。
ぜひ、ご参加下さい。

■講師
株式会社リーシングジャパン 代表取締役
日本大学理工学研究所 客員研究員
沖野 元氏

■現在の仕事
渋谷で不動産会社を経営。
賃貸・売買仲介・中古アパマン再生企画・管理が主な業務。

■プロフィール
大手不動産会社を経て、2006年、アパート・マンションの空室対策と入居促進サポートを行なうアパマンリーシングコンサルタントとして活動する。
2007年、全国賃貸住宅新聞に「オーナーが自分でできる空室対策」と題した約1ページにわたる記事を執筆。
2012年4月より2年間、週刊住宅新聞に「大家検定講師 沖野元の知識は力なり」を執筆連載。
2012年9月より同紙「勝ち組大家さん対談」のホストを務め、さまざまなカリスマ大家と対談。
2014年4月より週間住宅(発行部数11万部)に「リーシングコンサルタント 沖野元の『客付力の時代』を好評執筆連載。
2016年4月より週刊住宅のコラムタイトルを『賃貸の夜明け』と新たにして好評執筆連載中。
2015年よりリクシルグループの機関誌「オーナーズ」(発行部数2万部)に連載執筆中。

著書『大家さんのための客付力』週刊住宅新聞社、2014年。
共著『賃貸の新しい夜明け』週刊住宅新聞社、2015年。
2015年10月、共著者の林浩一氏と共に八重洲ブックセンターにて新刊『賃貸の新しい夜明け』出版記念講演会を開催。
2016年4月、ウチコミを運営するアルティメット総研主催のセミナー「間違いだらけの定期借家契約」で林浩一氏と共にメインスピーカーを務める。

J−REC東京第2支部 支部長

「成功するアパート・マンション経営の会」主宰
「女性大家の会 ローズ会」主宰(会員150名)

宅地建物取引士
公認不動産コンサルティングマスター(旧不動産コンサルティング技能士)
J−REC公認 不動産コンサルタント J−REC公認 相続コンサルタント
公益社団法人日本不動産学会会員
一般社団法人日米不動産協力機構会員
日本大学大学院理工学研究科修了(工学修士)
日本大学不動産戦略セミナー 運営統括

■◆参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2017 早朝勉強会 All Rights Reserved.