早朝勉強会


参加は無料、出席は自由です。
参加ご希望の回に、こちらのフォームからお申込み下さい。

また、各回の詳細については、メンバーの皆様にメール配信していますので、配信をご希望の方は、 こちらからメンバー登録をどうぞ。


日時:隔週水曜日、AM8:20〜9:30

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

8:00-    開場
8:30-9:30 講義
9:30-9:55 講師との名刺交換



2016年度テーマ一覧はこちらです。

2015年度テーマ一覧はこちらです。

2014年度テーマ一覧はこちらです。

2013年度テーマ一覧はこちらです。

2012年度テーマ一覧はこちらです。

2011年度テーマ一覧はこちらです。

2010年度テーマ一覧はこちらです。

2009年度テーマ一覧はこちらです。

2008年度テーマ一覧はこちらです。





『4マス広告+ネット広告でライバルに差をつける』
  〜あなたはお客様に見てもらえていますか?〜

第236回【2018/8/22(水)AM8:20〜9:30】


日本の企業の99.7%が中小企業。
しかしそのうちの55%はリスティング広告(検索サイトの検索連動型広告)の存在を知らず、 利用したことがある会社はわずか4%にすぎないというのが現状です。
加速度的に成長するWEB・インターネットの領域において、その活用を課題として抱える企業が多い傍ら、「知らない・分からない・関係ない」と詳しく知らずにいることで生まれる不利益は、
あなたが想像している以上のものかもしれません。

本講義では、
・何故GoogleはTVコマーシャルをするのか?
・何故webプロモーションは中小や地域企業向けなのか?
・何故インターネット広告は伸び続けているのか?
・ネット広告運用は、自社と代理店のどちらが得なのか?
・同じ業種やサービスや規模でも、広告成果に差が出るのは何故
 か?
・信頼できていつでも相談できるパートナーとは?

といった疑問に対して、分かりやすく答えを出します。

《講義アジェンダ》
1章:オフラインとオンラインはライバルではない
2章:webを活用した収益化
3章:広告効果を最大化するインターネット広告の活用

【講師略歴】
ADlive株式会社
(Google AdWords PREMIER PARTNER)
代表取締役社長CEO 縣 将貴氏

長崎県大村市出身、4人兄弟の次男。10歳でプログラムを作り、
その後IT企業ヌーラボを起業した兄の影響を強く受ける。
人と人とのコミュニケーションが重要と考え、営業の強さでは日本有数のIT関連企業に入り、ビジネスパーソンとしての土台を築く。
・1996年 情報通信商社入社
・株式会社BtoBホールディングス 元代表取締役社長
・ジャスダック上場企業INEST株式会社
(証券コード:3390)代表取締役社長(当時36歳)
・単年赤字9億円累積債務超過の会社を2年で黒字転換、
 債務超過解消、時価総額10倍にV時回復
・旧東証マザーズ、アメリカ店頭株式市場(NASDAQ)上場企業
 e-まちタウン株式会社(旧証券コード:4747)
 代表取締役社長就任
・ジャスダック上場企業 株式会社アイフラッグ
(証券コード:2759)取締役就任
・株式会社 Eパーク 代表取締役社長就任
・その他多数の会社代表として、企業再生を行い、退任。
・第二回オカヤマアワード 特別起業賞受賞2011年度受賞
後に、マーケティング支援と広告ソリューション提供を手掛けるADlive株式会社を設立。
累計200億円強のネット広告を運用した実績とノウハウが評価され、 Google Partners(GoogleAdWords代理店)の最上位として位置付けされるPremier Partnerに認定。
全国約7000社あるネット広告代理店中でも僅か約30社、
大手広告代理店や上場企業の一部で構成される中でも異例ともいえる速さでの認定を受け、現在活動中。


■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

『人材不足を解消し、社員の満足度を上げる働き方改革とは?』
〜福利厚生としてのファイナンシャルプランナー活用事例〜

第235回【2018/7/25(水)AM8:20〜9:30】


”その働き方改革、社員の満足度UPに貢献していますか?”

今、国が主導となり「働き方改革」が推し進められています。

・非正規雇用の処遇改善
・労働生産性の向上など

目的は、個々の置かれている事情に応じ、多様な働き方を選択できることで、 一人一人がより良い将来の展望を持てるようにすることなのですが、 改革することにより、かえって社員の「満足度」が下がってしまうことがあります。

例えば「残業代カット」「人事制度の改変」による給与や待遇の変化などが挙げられます。

当講演では、企業様はもちろん、個人にもメリットのあるお話をすることにより、 皆様の「満足度」が上がるご提案をさせていただきます。

1.働き方改革とはどのような取り組みか
2.働き方改革に伴う社員のライフプランの変化
3.企業のファイナンシャルプランナー活用事例
4.個人のライフプランニングご相談事例

【講師略歴】
FPサテライト株式会社
代表取締役 町田 萌(まちた もえ)氏

日本大学商学部在学時よりファイナンシャルプランナーを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。
卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生保出身ファイナンシャルプランナーの専務とともにファイナンシャルプランナー事務所を開業。

現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。
また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。

金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。


■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

『土地活用としての高齢者住宅・福祉施設』
〜その判断のポイントと投資スキームについて〜

第234回【2018/7/4(水)AM8:20〜9:30】


近年、高齢者住宅や福祉施設の需要は日増しに増大しています。
もちろん受け皿となる施設の開発ニーズも強く、土地活用の手法として高齢者住宅などを企画するケースもまた日々増えています。
実際、高齢者住宅や福祉施設による土地活用は、テナントビルとサブリースの中間の性質があります。

どんな時に有効か?
どんな土地に適性があるのか?
必要な投資金額の規模感や収支構造はどうなっているのか?

高齢者住宅・福祉施設での土地活用の「今」を解説します。

1.現状・将来への背景、ロードマップ。
2.高齢者住宅・福祉施設の枠組
3.土地の適正と規模別提案例
4.施設種類別の投資予算・収支例

【講師略歴】
株式会社 シスケア
代表取締役 太田 裕之(おおたやすゆき)氏

北海道生まれ。武蔵工業大学(現 東京都市大学)卒。
1986年(株)SPAを創立、老人ホーム・保育園などの社会福祉施設の設計を開始。
2006年GIS(地理情報システム)を活用した高齢者施設のマーケティング調査システムを開発。
同年、福祉施設のコンサルティング会社株式会社シスケアを設立。
2009年高齢者住宅システム「ご隠居長屋和楽久」を開発、国土交通省「平成21年度第一回高齢者居住安定化モデル事業」に選定される。
2014年学研グループに参画。
2015年SPAとシスケアを合併し、現体制とする。

-連載
介護施設のディテール<全国賃貸住宅新聞>
ウチの土地にはどの施設がいいの?<地主と家主>
-講演
カナダ大使館、総合ユニコムセミナーその他

日本建築家協会正会員
一級建築士
一級建築施工管理技師



■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2018 早朝勉強会 All Rights Reserved.