早朝勉強会


参加は無料、出席は自由です。
参加ご希望の回に、こちらのフォームからお申込み下さい。

また、各回の詳細については、メンバーの皆様にメール配信していますので、配信をご希望の方は、 こちらからメンバー登録をどうぞ。


日時:隔週水曜日、AM8:20〜9:30

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

8:00-8:20 参加者同士の名刺交換
8:20-8:30 参加者の1分間自己PR(希望者)
8:30-9:30 講義
9:30-9:55 講師との名刺交換



2016年度テーマ一覧はこちらです。

2015年度テーマ一覧はこちらです。

2014年度テーマ一覧はこちらです。

2013年度テーマ一覧はこちらです。

2012年度テーマ一覧はこちらです。

2011年度テーマ一覧はこちらです。

2010年度テーマ一覧はこちらです。

2009年度テーマ一覧はこちらです。

2008年度テーマ一覧はこちらです。





『新冷戦時代の始まりとポストグローバリズム』

第220回【2017/11/15(水)AM8:20〜9:30】


英国ブレグジットから始まった世界的なポストグローバリズムの動き、トランプ大統領誕生から、カタルーニャ独立運動まで、世界は冷戦時代に再突入しようとしている。そして、日本もその影響を強く受け始めている。

なぜ、いまこのような動きが起きているのか、そして、それはどこに向かうのか、歴史的視点と地政学的に読み解き、俯瞰した視点から、これからの投資と新たなビジネスモデルのヒントについて考える。

■講師
経済評論家 渡邉哲也氏
日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。パナマ文書を最も早く解説した『パナマ文書』(徳間書店)は大ベストセラーになった。また、米国でのトランプ大統領の誕生を的中させた実績を持つ内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。

渡邉哲也公式HP

【お金とは何か?5年後に地方銀行は半分以下に?】
渡邉哲也氏に教わる 第1回

■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

『グローバル化する社会における外国人人材活用ビジネス』

第219回【2017/10/25(水)AM8:20〜9:30】


日本に住む193ヶ国の外国人が登録するメディア「YOLO JAPAN」を運営する株式会社aim。YOLO JAPANでは、人脈を使った独自の「バウンティーハンター」システムを採用し、登録数は毎月3,000名を超えようとしています。登録された外国人ユーザーは、仕事を探したり、紹介したりする事で、今までの日本に無かった外国人オンラインハローワークを実現しています。今後は関西にリアルハローワークを建設することで、住宅を探したり、保証会社としてサポートしたり、海外送金などをサポートしたりなど就労インバウンドすべてを支えるメディアとして成長していきます。短期の旅行者だけではなく、中長期的に日本に滞在する外国人が今後も増加していく日本社会。チャレンジを続ける当社の取り組みについてご紹介します。

■講師
株式会社aim
代表取締役CEO 加地太祐氏

■主な経歴
1993年 阪大大学高等学校中退
1994年 溶接工などで設立資金を貯める
2003年 株式会社aim 創業 英会話事業をスタート
2016年「YOLO JAPAN」ローンチ

■講師履歴
東大法学部法科大学院
鹿児島大学など

■出版
成功する人の考え方 ダイヤモンド社 現在4版

■会社概要
社名:株式会社aim
代表者:加地太祐
資本金:1億27,309,300円(資本準備金含む)
東京オフィス:東京都港区赤坂2-13-19 多聞堂ビル5F
大阪オフィス:大阪市天王寺区生玉前町1-17 イトーピア谷町ビル7F

■事業内容
在留外国人メディア「YOLOJAPAN」の運営
外国人アルバイト「確約面接」
外国人人材紹介
外国人人材派遣
教育事業
従業員数:23名(2017年9月現在)
海外オフィス別途25名

■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

『不動産テック最前線!AI×ビックデータ×不動産専門知識が生み出すサービスとは』

第218回【2017/10/11(水)AM8:20〜9:30】


新築マンションの値上がりを背景に、拡大を続ける中古マンション市場。一方、消費者にとって適正金額の分かりにくさや、不動産会社にとって仲介業務の負担増などが問題になっています。
そこで注目されているのがAIや機械学習などの最新テクノロジーを活用した「不動産テック」企業。元来、テクノロジー化が進みづらいと言われていた不動産業界において、これらの企業はどのようにサービスを変革しているのでしょうか?
今回はAIを使った中古マンション売買サービス「カウル」を手がけ、急成長中の不動産テック企業Housmartが、不動産テックが生まれてきた背景、サービス開発の裏側、サービスの詳細、今後の戦略についてお話しします。

【プレゼンテーマ】
‐激変する不動産取引の市場環境
‐不動産テックの現状
‐AIを使った中古マンション売買サービス「カウル」
‐サービス開発の現場と課題点
‐不動産テックのこれから

■講師
株式会社Housmart
針山昌幸氏

一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

■参加申込み:
こちらのフォームでお申込下さい。

場所:東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

 

Copyright c 2017 早朝勉強会 All Rights Reserved.